不思議なこと

ohana5.jpg

亡くなった愛犬ドロップに、お花をありがとうございます。

亡くなったあと、思い出しては、いろんな事を考えている毎日。

いつもと違う寝床に倒れこむドロップの様子を見て、
何かおかしいと感じた私は、病院に駆け込んだのですが、
その2時間前のこと。最期のお客様を、ドロップが見送りに
ふらふらと出てきて、お客様が<今度、作品の引き取り時に、
愛犬を連れてきていいですか>と尋ねられたとき、
私は<いいですよ。是非。でも、この子は、3月まで元気で
いるかどうか>と、言っている自分に、はっ?と驚いていました。
お客様も、<えっ>という表情で。
その2時間後に、倒れたのですが、それまで元気に見えていたドロップのことを
どうしてそんな風に言ってしまったのか。。。
あとで思えば、ドロップが私に気付かせるために、私の言葉を使って
気付かせたかったのではと。。。
そのぐらい、相当きつかったんだなあと。ごめんね、ドロップ。

シェルティは、シェットランドという島で、そこで暮らしている人間と
家族のように過ごしてきた犬種です。
ポーカーフェイスで、犬の中でも、きついとかつらい様子を
家族に、ほとんど見せない犬種だそうです。
後に、動物病院の先生から聞いた話ですが。
私に、つらいよ・きついよと、最後の最後、伝えたかったんだと思うと
気付いてあげられなくて、ごめんね。闘病中、仕事を全部休んで、
ドロップとずっと一緒に過ごせたのは、愛情をいっぱいドロップに伝えられて、
ドロップも生き延びようとする力を見せてくれて、
ありがとうの気持ちでいっぱいです。
生と死の間をさまよっているときに、いっぱいいっぱい話が
出来たね。ドロップも、それに応えて、弱々しいながらも、
精一杯の声を出して、お話してくれたことは、
哀しくて仕方がなかったけれど、応えてくれて嬉しかったよ。
ずっと、そばにいて看取れたことは、
ドロップも安心してくれていたような気がするし、私も不思議なくらい、
穏やかな気持ちでいられたよ。

<悼む気持ちはいっぱいあっていいと思うけれど、
後悔をしてはいけない>と。
そう云ってくれている気持ちを大事にして、ドロップのことを
思い出して、この先、歩んでいくね。
 [ 2017/02/21 13:35 ]  愛犬ドロップ | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

リスト

プロフィール

rywbn645

Author:rywbn645
糸島半島で、小さなやきものやをしています。
近くの浜や木々の緑の中を愛犬と散歩して、
気持ちをリフレッシュしながら、暮らしの中で気軽に楽しんで使って頂けるうつわ作りに励んでいます。

<お知らせ>
陶芸体験は、講師料・焼成代を含めて、
大人3000円 子ども1800円 所用時間60分程です。土・日・月・金(終日)火・水(午後のみ) 開催。終了後は、お茶・お菓子をどうぞ。
<陶芸体験予約・教室のお問い合わせは、
℡050-1024-9963
メール:rywbn645@yahoo.co.jp まで
お願いします。糸島市志摩桜井4796-5














http://rywbn47965.cart.fc2.com/


 バナー3.png

asoview
ブログ内検索